痩身エステ用語集

痩身エステに関する用語集を掲載しているページです。

痩身エステ用語集

エステ選びの際、パンフレットやHP掲載の文章を読んでいると、専門的な用語が出てきたりしますよね。「どういう意味なんだろう?」と思ったことはありませんか。そんな時に役立つよう、痩身エステにまつわる簡単な用語をまとめてみましたので、参考にしてください。

あ行

●EMS(イーエムエス)
体内に電流を流し、細胞・筋肉を刺激することで鍛える技術のこと。筋トレに近い効果が得られる。そのため、基礎代謝向上を目的に使われることが多い。

●インディバ
電磁波エネルギーによる、高周波熱機器の総称を指す。高周波を体内に流すことによって、体の一部もしくは全身の温度を上げる。痩身・メタボ対策に活用されている。

●エンダモロジー
フランスで開発されたボディケアマシン。吸引とローリングを組み合わせた専用施術装置がセルライトを分解、ボディラインを整える効果がある。

か行

●カッピング
中国の民間療法のひとつ。皮膚を吸引、停滞した血液の循環を促すもの。その際、ガラスやプラスチック製のカップ状の器具を体に当て、中を真空状態にすることによって前述の施術を行う。表面的なコリの解消のみならず、ツボを刺激することで内臓へ働きかける効果も。術後はうっ血したり、肌に跡が残る場合があるので、行う部位とタイミングに要注意。

●岩盤浴
温めた岩盤の上へ横になり、体を温める方法。「お湯が要らないお風呂」とも言える。代謝を促進し、自然治癒力を高める効果がある。ダイエット効果も期待されている。

●ゲルマニウム温浴
ゲルマニウムを溶かした温水(42~43度)に、両手足をつける部分温浴。血行促進により代謝を促す効果、発汗によるデトックス効果などがある。

●高周波エステ
代謝促進、脂肪燃焼を目的に使われる美容マシン。電気の力で皮膚や脂肪の奥深くに働きかけ、細胞を活性化。熱エネルギーを発生させる。3~5℃、局所的に7℃くらいまで体温を上げることが可能。

さ行

●サウナ
蒸し風呂のこと。フィンランド発祥とされる。体内の血行を促進し、代謝を促す効果があるとされる。エステやスパでは施術前に利用し、効果アップを図ることも。

●スリミング
痩身を行うこと。

●セルライト
脂肪のかたまりに水分・老廃物が溜まったもの。肌の表面に凹凸状となって現れる。原因は血行不良や代謝不良とされている。自身で解決するのはほぼ困難。

た行

●デコルテ
首筋からバストにかけての部位。

●デトックス
体内の余分な老廃物、水分を排出すること。

は行

●パーツエステ
体の一部位にこだわるお手入れ。部位ごとの悩みに対応した施術が行われる。

●バンテージ
幅の広い、分厚い包帯で体の一部もしくは全身を巻き上げる美容法。包帯には植物エキス等を染みこませてある。発汗を促しつつ体を引き締めるので、痩身メニューでは仕上げに用いられる。

●美容鍼
食欲抑制や小顔などの目的で用いられる鍼治療。鍼灸の資格を持つ者のみが施術可能。

●美容矯正
骨格・筋肉のバランスを本来あるべき姿に戻すことで、美容的な悩みを解決しようとする技術。ボディラインの崩れ、顔のたるみなどの原因は体の歪みにあるという観点による。

●ファーミング
引き締めること。

ら行

●リンパドレナージュ、リンパマッサージ
全身のリンパの流れに沿い皮膚表面を押す。それにより、体内の老廃物排出を促し、細胞本来の働きを回復させる効果があるとされる手技療法。フ痩身目的で行われることの多い、揉み出しの強いリンパマッサージは、リンパドレナージュを元に日本で誕生したもの。

コンテンツ一覧